ウォーターサーバーの電気代は注意深く見ましょう

手軽においしい水が飲める、冷蔵庫のスペースをとることがない、またちょっとおしゃれという気分でウォーターサーバーを自宅に設置している人が増えています。健康志向の高まりはどんなに社会が変化したとしても多くの方が気になるものです。水こそそれに貢献しますので、良い水を飲むことを望み、だからこそのウォーターサーバーになるでしょう。しかし維持費が高いのもウォータサーバーのデメリットになりますので、この点をうまくカバーしたいはずです。そのひとつとして電気代が気になるところでしょう。電気代の問題をクリアすれば、とても利便性が高くなりますので、たくさんあるウォーターサーバーのなかから、電気代は注意深くみていきたいポイントです。

平均が1000円台

どうせながら長く使いたいと誰でも考えるはずですが、そうはいかない問題もあります。電気代が高くなっている傾向もあり、やはり消費電力がどのくらいになるのかというのは大きな問題になってくるでしょう。購入しようとしても電気代がかかるのであれば避けたい気持ちも理解できます。一般的に言われているのは電子ポットとウォーターサーバーの電気代が同じという点です。月々1000円くらいになると考えておくと良いでしょう。また電気ケトルは朝と晩に利用すると、月に100円ほどかかる計算になります。ただウォーターサーバーは冷水と温水どちらも出すことができますので、効率性と利便性を追求していけばいかに優れているのかがわかるはずです。大体月々1000円ほどが基本と考えておきましょう。ただ他にも安い電気代になるサーバーがあります。

格安のメーカー

この業界で最安値の電気代になるのはフレシャスデュオで約330円になります。その次にアクラクララで350円、コスモウォーターが400円。これらが選びどころになるでしょう。どうしても安いサーバーと契約をしたい場合は、この3社は欠かせません。特にフレシャスデュオはメリットも大きいウォーターサーバーになり、電気代だけではなく優れているところも多いのが特徴です。デザイン性にも優れており、また水の取り付け作業の楽で女性の方でも平気で行うことができます。ガロン系は取り付けるのに一苦労であり、男性の力を借りなければできない女性も多いですので、このような点もウォーターサーバを選ぶときにも考慮してほしいポイントになります。

ウォーターサイバーは電気が必要

なぜここまで電気代が高くなるのかというと、冷水と温水を同時に出すことができる機能がついているからになります。一般的に多く利用するのは冷水になるでしょう。飲料水はもちろん、料理にも使うことができます。常温で管理することも可能ですが、ペットボトルなどは一度開けてしまうと保存状態が気になってしまいます。よって冷蔵庫にいれることになりますが、スペースをとってしまうのがデメリットです。温水であればポットが選択肢に入りますが、月々1000円ほどかかってしまうのがネックです。ウォーターサーバーであればカップラーメンを作れるほどの熱いお湯は無理だとしても、お茶やコーヒーを楽しむくらいであれば十分にウォーターサーバーで代用することができます。冷水と温水を同時に楽しむことができるのが、サーバーを自宅に導入する大きなメリットです。

サーバーには特徴がある

ここの水しか飲みたくないといった方もいるでしょう。水質にこだわりを求めるのもウォーターサーバーを導入するポイントになっても良いはずですので、ここを重要視するのは何も間違ってはいません。そのポイントと一緒に電気代も気になっているのであれば、サーバーの特徴をつかむことも大切です。省エネモードがあれば通常時の温水の温度を下げる機能がついていたり、部屋の明かりによって勝手にスリープモードになるサーバーもあります。このような機能がついているサーバーであれば、電気代をうかせることに貢献するでしょう。

電気代ばかりに固執しないように

電気代ばかりに着目すると、良いサーバーが見つからなくなってしまうのもウォーターサーバー選びには大切なことです。電気代が安いからだけではなく、サーバー料が無料の会社もあります。月々に購入する水のセット数が多くなればサーバー料が無料になる、初回だけ大きな費用が必要になるなど、メーカーによってさまざまです。電気代が安いだけでは語れない事情もあります。

トータルで考えることが大切

電気代を含めて求めやすいウォーターサーバーを購入することを検討してください。電気代は安いけれど、トータルで含めれば第一選択だったメーカーよりも、月々の費用が安くなるメーカーもあるのが、ウォーターサーバーです。ひとつだけにとらわれてしまうと、逆に費用が多くかかることがあります。その点はメーカーもよく計算をしていますのでよくにらめっこをして良いメーカーを見つけることが大切です。
家族構成や生活のスタイル、そして部屋のデザインに適している等も考慮して選ぶのがウォーターサーバーです。電気代も確かに大きな選択肢のひとつになるでしょうが、それだけにとらわれないように自分にあったメーカーを選んでください。